2015年6月8日月曜日

世界最高峰の決勝戦!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 




先日チャンピオンズリーグ決勝戦
バルセロナVSユベントス
が行われました。


午前4時近くのキックオフだったので
なかなか観るのが難しかったと思いますがとても素晴らしい試合でした。


試合前での評価ではバルセロナが圧倒的に有利との見方もありました。
結果的に3-1とバルセロナの勝利で幕を閉じたのですが
試合内容はどちらも自チームのいいところを発揮しながら白熱した試合展開に。


またこの試合で印象に残ったのは
この試合でバルセロナを退団となるシャビ選手とユベントスのピルロ選手の姿です。


試合に負けて涙を流すピルロ選手の姿や
イニエスタ選手からキャプテンマークを引き継ぎ
変わってピッチに入ったシャビ選手の姿には心を打たれました。


何かひとつの時代終わりをこの試合で迎えているような
今までの決勝とは少し違う寂しさも伴った感動的な試合になったのではと思います。


共にひとつの時代を築いてきた
二人の試合後のお互いをたたえ合う姿には熱くなるものを感じましたね。


サッカーの世界には多くのドラマがあります。
サッカーの試合には選手達の想いがあります。


試合前に選手たちが語るインタビューや過去の生い立ちなど
そういった情報を知ったうえで観る試合は一味違った感動と衝撃があると思います。


確かに言ってしまえば観るだけなのかもしれませんが
たくさんの学びがそこには待っているのです。

一つの見方として例を挙げると自分なりに一歩先のパスとドリブルを予測しながら見てみると面白いかもしれません。


次は自分だったらここにパス出すなとか
ここは自分だったらドリブルするなとか...
このパスの意味は?
この横ドリブルの意味は?などなど。


するとその選手は同じ考えたところにパスするかもしれませんし
予想もしなかったところへパスを出すかもしれません。
きっとそこにも気づいて学ぶ瞬間が出てきます。
視野も広がりますね。

是非一度試合を観る際には試してみてください!


12月にはバルセロナ来日です!
楽しみですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿